2017年06月 一覧

ワキガ。人に嫌がられる

ワキガ。人に嫌がられるだけでなく、自分もとても気になって仕事も手につかなくなってしまうこともあるのではないでしょうか?
私も昔ワキガを持っていた時期があって、何でこんな臭いのだろう、人に迷惑をかけているのはわかっているのですがどうしようもなく、汗をかいてしまう行動を極力避けていたこともあります。
制汗スプレーなども色々試しましたが、汗の匂いと芳香剤の匂いが混ざってより臭くなってしまうことがあり、とても使う気になれませんでした。
そこで私は、ワキガはどのような現象によって起きるのか、ということを考えるに至りました。
ワキガの主な原因は、アポクリン腺というところからでる汗が原因だそうで、その汗に含まれるタンパク質やアンモニアによって臭いが引き出されてしまうということでした。
そこで気になる情報は、そのタンパク質やアンモニアの量は生活環境の変化によって変えることができる、ということでした。
もともと外食通いだった私は、自炊を始め、米を中心に野菜や肉をバランスよく取れる食事に変えたところ、自然と臭いも気にならなくなってきたのです。
今でもたまに疲れがたまったときに臭うことはあるのですが、昔と比べると臭いが格段に減りました。

ワキガ汗かき対策!【おすすめのデオドラント商品】


ワキガには絶対になりたくない

ワキガには、やはり抵抗があり、自分自身は絶対になりたくないです。悪いイメージしかありません。
以前務めていた職場にも、何人かワキガなんだろうな、という人がいました。本当にとてもいい人たちでしたが、やはり臭いがしてしまうので、日によってはあまり近づきたくないなと思ってしまう日もありました。
ワキガのせいで、周りに悪い印象を与えてしまうのは、とても残念な事だと思います。清潔にしていたとしても、臭いがしてしまうと不清潔なのではないかとか、考えしまいます。自他ともに辛いです。
治療でどうにかなるものであれば、対象した方が絶対にその人のためです。なぜどうにかしないのだろう、と思っていました。
とは言いつつも、ワキガに対しての知識は乏しいです。「臭い」のイメージが強すぎて、どうしてなるのか、対策などは、全然知りません。もしかしたら、自分もなり得るのかも、、と思うと怖いです。
予防方法などあるのであれば、ぜひ知りたいと思います。


私は、ワキガではないと思う

私は、ワキガではないと思うが、左の脇が右の脇より匂いが強いと感じています。だいたい、年齢的には、中学校くらいから気になり始めました。体育や運動クラブのあと、匂います。朝、学校へ行く時には、必ず、両脇に制汗スプレーをしてから、出かけるようになりました。これは、大人になった現在も続けています。右は、匂わないと自分では感じていますが、ちょうど、親からも臭いと言われはじめたのも中学生くらいからです。ワキガ自体の匂いは、人それぞれに個人差があるとおもいますが、匂いの強さ自体は、年齢とともに強くなるとは、思っていません。汗をかいた時には、シャツを替えて、脱いだシャツで脇をしっかり拭くようにしています。汗は、乾くと匂い始めるので、汗をかいたら都度拭き取るのが効果があるように思います。家族から脇臭いと言われた頃は、「脇毛をそってみたら?」とよく言われました。汗が毛に絡みつき、乾いて匂うという理屈です。何回か、脇毛を切ってみましたが、匂いは変わらなかったです。今は、汗拭き取りシートなどが市販されているので、夏の時期は、利用しています。


中学生ぐらいから、ワキガを発症

中学生ぐらいから、ワキガを発症し、その時に市販で売られていた、8&4を使っていました。ただ、あの商品は、軽めのワキガや、体臭を抑えることしかできないようで、ほとんど効果がなく、周りの目を気にしすぎて、なかなか、思うように人間関係を円滑にできませんでした。また、同時に多汗症も発症していたため、制服に汗染みが出来るため、汗脇パットが手放せず、修学旅行の際非常に困りました。また、高校に入ると、すごく、臭いに周りも敏感になっていたので、辛かったです。部活せいだったため、ずっと臭いを気にしていました。現在は、いいワキガクリームがでて、また、ボトックス注射もあり、多汗症や、臭いを軽減することができるので、すごくありがたいです。ワキガは、周りに多大な迷惑で、不快な気持ちにさせてしまうので、気を付けていきたいです。ワキガでも、軽度から重度までありますので、毎年病院で、治療方法をいろいろ聞いて、試しています。


制汗剤を使用して抑える

制汗剤を使用して抑えることを試みました。
スプレータイプについては、冷えた感じも出て一時的に汗を抑えることが出来ましたが、本当に一時的なもので30分もしないうちに汗が出てきます。また匂いについても無香料のものでないと汗の匂いと混ざって凄まじい匂いになります。
ロールオンタイプのものについては、使い始めた当初数日はある程度効果があったものの、身体が慣れてしまうのか連日使うと効果が薄れてきて、今では全く効果がないものになっております。
クリームタイプのものについて、こちらは私の身体に一番合うのか、一定の効果があり今日に至るまで数年間毎日使用しております。
ただその分、コストパフォーマンスが悪く毎月の出費がかさんでしまうことがネックとなっています。
私はこの3タイプを使用してきましたが、どのタイプも共通して言えるのは、無香料タイプでないと汗の匂いと混ざってすごい匂いになってしまうことは体験済みであり、無香料タイプの使用を他の方にもオススメしております。